ウィンナーシュニッツェルとその「担い手」たち

ウィンナーシュニッツェルは、本当はどこから来たのだろう? これについては、さまざまな憶測が飛び交っています。 ウィーン風シュニッツェル、ウィーン風シュニッツェルと呼べるのはいつからですか? シュニッツェルとラデツキー元帥に何の関係があるのですか?

シュニッツェルはシンプルな肉 料理ですが、おそらくウィーン料理で最も有名な料理 です。その起源は、かつての首都や王宮ではなく、南の隣国イタリアに あると言われていますが、今日では歴史家たちの間でも異論があります。

肉や魚をパン生地で 焼くのは南方の伝統で、イタリアでもベネチアを中心に、ダルマチア(かつての沿岸国、現在のクロアチア)でも栽培されているのである。 レヴァント地方でも、何世紀も前から肉料理のグラタンが知られていた。

1857年 ラデツキー陸軍 大将がウィーンの宮廷に持ち込んだという逸話がある。 ある意味、「戦利 品」であった。また、ロンバルディア州 、正確には州都ミラノで「ミラノ風スカロッパ」、つまりミラノ風エスカロップが 「発明された」という説もある。

歴史研究の現状では、どちらも事実と一致しない。ウィーンのシュニッツェルは、決してイタリアの発明ではなく、地元の料理人の想像力に由来するものです。1801年のMarianna Lindauの料理本には、子牛のカツレツのシュニッツェルが「verklepperten Eyで反転し、小麦粉をまぶしてラードからゆっくり焼き上げる」と書かれている。(Julia Danielczyk, Isabella Wasner-Peter eds., “Heut muss der Tisch sich völlig bieg`n, Wiener Küche und ihre Kochbücher”).

この文書があれば、先住民の起源は 確実と考えられる。 また、後の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世とその弟フェルディナンド・マックスが、若い頃にウィーンの特産品をこよなく愛したという、歴史的に根拠のあるエピソードも残っています。

今日に至るまで、ウィーン・シュニッツェルは、大小にかかわらずオーストリア人の大好物である。 ただし、これは仔牛を使ったオリジナルのウィーン風シュニッツェルに限られ、ウィーン風シュニッツェルには豚肉や鶏肉も使われることがあります。 後者は通常、チキンシュニッツェルと呼ばれる。

タイムトラベルのヒント ウィーンでは、ウィンナーシュニッツェルを食べる機会が多くあります。 最も大きなシュニッツェルは、WollzeileとBäckerstraßeにあるFiglmüllerで提供されています。 ラインターラー・インはタイムトラベルのすぐ近くです。

高価格でとても美味しいので、マイスルやシャーデン、オズワルドやカルブ、シュタットパークのマイエーレで楽しむことができます。 Meixners Gastwirtschaft、Gmoakeller、Zum Alten Fasslは、高水準の家庭料理をお約束します。 ミレニアムタワーの近くにあるブリギッテナウのガストハウス・コップは、安価なインサイダーとしておすすめです。

 

 

 

 

 

この記事を共有する

その他の寄稿

Information on data protection
We use technologies such as cookies, LocalStorage, etc. to customize your browsing experience, to personalize content and ads, to provide social media features, and to analyze traffic to our website. We also share information about how our site is used with our social media, advertising and analytics partners. Our partners may combine this information with other data that you have provided to them or that you have collected as part of using the Services (incl. US providers). You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

data protection
This website uses cookies so that we can offer you the best possible user experience. You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

Strictly Necessary Cookies
Strictly Necessary Cookie should be enabled at all times so that we can save your preferences for cookie settings.

Marketing & Statistics
This website uses Google Analytics to collect anonymous information such as the number of visitors to the site and the most popular pages. Leave this cookie enabled helps us to improve our website.

Google Tag Manager
This is a tag management system. Using the Google Tag Manager, tags can be integrated centrally via a user interface. Tags are small pieces of code that represent activitiescan track. Script codes from other tools are integrated via the Google Tag Manager. The Tag Manager makes it possible to control when a specific tag is triggered.