アップルシュトゥルーデル – ウィーンの “素朴な “おいしさ

Der Apfelstrudel – eine „ausgezogene“ Wiener Köstlichkeit

アップルシュトゥルーデルはどこから来たのか? どんな材料が必要で、どう調理すればいいのか。 ウィーンでアップルシュトゥルーデルの焼き上がりを見られるのはどこ? ウィーンで一番おいしいアップルシュトゥルーデルはどこで食べられますか?

東洋 発祥のフルーティーなおいし さ。トルコの料理「バクラヴァ 」とも関連するシュトゥルーデルの歴史は、読んでいてわくわくする。 東洋、正確にはアラブ諸国が発祥の 地とされるこの料理は、さまざまなバリエーションがあり、古くからヨーロッパの多くの国で親しまれてきた。

15世紀 半ば、オスマントルコがビザンティウム(コンスタンティノープル )を征服したとき、リンゴとサルタナの入ったシュトゥルーデルがヨーロッパに伝わったと言われている。 バクラヴァと同様、シュトゥルーデルも日持ちがするので、行軍食料として最適でした。

アップルシュトルーデルを はじめとする多彩なデザートは、ウィーンっ子 、とりわけハプスブルク家の 名士たちに愛されました。 マリア・テレジア 女帝は、よく食べ、時にはたくさん食べる人で、この食事を好んで食べていたという記録が残っている。 皇帝フランツ・ヨーゼフが 好んだデザートのひとつにグーゲルハップフが あり、皇帝はカタリーナ・シュラットを 密かに訪ね、朝食に よく振る舞われたそうです。

ウィーンでは、現存する最古のレシピは1696年に 作られ、現在ウィーン市立図書館に所蔵されている。 オーストリアの国民食 となっている。 どの家庭にも自分だけのアップルシュトルーデルのレシピがあり、今でもおばあちゃんの味が一番おいしい。 レシピは何世代にもわたって受け継がれ、しばしば秘伝とされる。

調理の仕方もさまざまです。 最も一般的なのはシュトゥルーデル生地 だが、シュー生地、カード生地(クワルク) 、イースト生地(イースト )も使用できる。 シュトゥルーデルの生地は、伝統的に手作業で大きな生地に引き延ばすため、「引き延ばし シュトゥルーデル」とも呼ばれる。

フィリングには 酸味のあるリンゴ(ストルドラー )を使うことが重要です。 シュトゥルーデルは、とにかくリンゴが命です。サルタナ、バターでトーストしたパン粉、シナモン、グラニュー 糖は欠かすことができません。 アップルシュトゥルーデルは、温めて 食べるのが一番おいしいです。 バニラソースや生クリームと 一緒に食べることが多いですね。でも、クラシックなバージョンは アイシングシュガーを振りかけるだけ ラム酒、刻んだクルミや アーモンド、 すりおろしたレモンの皮フィリングを 改良することもできます。

シュトゥルーデルという 名称が英語でも 定着しているのは興味深い。ドイツ語の用語が英語で採用されることはほとんどなく、大抵はその逆である。


タイムトラベルのヒント
シェーンブルン 宮殿のカフェ・レジデンツでは 、毎日アップルシュトルーデルのショー が開催されています。ウィーン発祥のアップルシュトゥルーデルが どのように作られるのか、ご覧いただきます。 それは、新聞を読むことができる薄手の生地から始まります。 そして、中身を詰めて焼き上げ、ご褒美として、もちろん一切れ味見させてもらう。 シェーンブルン宮殿まで行かなくても、カフェ・ホーフブルクや カフェ・モーツァルトでも 味わうことができます(ただし、カフェ・モーツァルトはありません)。

表示

詳細はこちらオリジナル・ウィーンアップルシュトルーデル – カフェ・レジデンツ (cafe-residenz.at)

 

カフェ・ブロイナーホーフは 、シュタルブルガッセのタイムトラベルのすぐ隣にあり、とても美味しいアップルシュトゥルーデルも提供しています。 理想的なのは、典型的なコーヒーのスペシャリティであるウィーンのメランジュ (カプチーノに匹敵)と組み合わせることです。

 

 

 

この記事を共有する

その他の寄稿

Information on data protection
We use technologies such as cookies, LocalStorage, etc. to customize your browsing experience, to personalize content and ads, to provide social media features, and to analyze traffic to our website. We also share information about how our site is used with our social media, advertising and analytics partners. Our partners may combine this information with other data that you have provided to them or that you have collected as part of using the Services (incl. US providers). You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

data protection
This website uses cookies so that we can offer you the best possible user experience. You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

Strictly Necessary Cookies
Strictly Necessary Cookie should be enabled at all times so that we can save your preferences for cookie settings.

Marketing & Statistics
This website uses Google Analytics to collect anonymous information such as the number of visitors to the site and the most popular pages. Leave this cookie enabled helps us to improve our website.

Google Tag Manager
This is a tag management system. Using the Google Tag Manager, tags can be integrated centrally via a user interface. Tags are small pieces of code that represent activitiescan track. Script codes from other tools are integrated via the Google Tag Manager. The Tag Manager makes it possible to control when a specific tag is triggered.