ベートーベン師匠との官能的な冒険

Sinnliche Abenteuer mit Meister Beethoven

ルートヴィヒ・フォン・ベートーヴェンは、多くの人が知っているように、ここウィーンに住んでいたとても有名な作曲家である。 しかし、彼にはもう一つ、女たらしという一面もあった。 それがきっかけで、16歳の少女との間に事件が起こり、自ら警察に通報した。 しかし、このマンゴールド伯爵の娘とのピアノのレッスンで、本当は何があったのだろうか?

世界的に有名な彼の作品の力強さと深い音楽性は、内面の強さ、人格の深 さ、そしてほとんど奔放な気質を物語って いる。天才は何度も何度も、繊細なピアノ演奏の才能を必ずしも持っていない貴族の息子や娘のために、依頼を受けた。

マンゴールド伯爵の娘は 聴覚も機転もきかない人だった。 ベートーヴェンの聴覚は非常に敏感で、その試練に苦しみました。 作曲家は、ピアノのレッスンの大部分を隣室で過ごした。 彼は、この悲惨な音にもう耐えられないのだ。

ベートーベンは、これ以上娘にピアノを習わせることは無意味であると、依頼主に説得することにした。 無調の演奏が突然止んだ。 音楽家はしばらく聞いていたが、生徒の様子を見に部屋に入っていった。 ドアを開けると、彼はその場に立ち尽くした。 その少女は 、神が創造したとおりの全裸で 彼の前に立っていた。 彼はしばらく目を覆い、それから声を張り上げて若い女性に話しかけた。「気が狂ったのですか?何してるんだ?”

防弾のピアニストは、明らかに別の好みがあった。 彼女の完璧な身体は、どちらかというと少年のようで、小さく引き締まった胸、柔らかな白い肌をしている。 実は、まさにベートーベンの好 みに対応した女性であった。 しかし、この危うい状況の中で、「道徳の舵取り」はしっかりと握られていた。 34歳は少女にすぐに服を着るように指示した。

彼はすぐにMölkerbasteiの アパートを出て、最寄りの警察署に駆け込み、事件を届け出た。 関係者は彼の発言に懐疑的である。 何しろ、その短気な性格がすでに注目されていたのだ。 アパートの管理人と口論に なった。 彼女の息子は、作曲作業中に大声でしつこく叫ぶベートーベンに、無理やり耳を引っ張らせたのだ。 この女性は、オフィスの控室で友人と一緒に座り、盗難の目撃者として自分の認識を記録していた。 “ベートーベンがなぜここに?” 好奇心旺盛な彼女は、ある警察官と知り合い、16歳の女子学生との話で勝手に警察署に来たことがわかった。

ウィーンの古典派を代表する作曲 家の一人である彼は、生活の場面で自由奔放、感情的、狂暴と表現され、ウィーンの治安当局と定期的に取引をしていた。 また、画家の個人的な問題として、結婚につながるような安定した女性との関係を築けなかったことが挙げられる。

多くの女性がこの音楽家に 憧れ、彼を愛したが、貴族の女性たちは誰も彼との結婚を決意することができなかった。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、テレーゼ・フォン・ブランズウィック伯爵夫人と 非常に親密な関係にあった。 世界音楽史に残る優れた作品を生み出し、生前は有名だった音楽家が、さまざまなことで非難された。彼は、児童虐待と少女誑かしの犯人だった。

この天才は、ジュリー・フォン・ギッチャルディ伯爵夫人と 最も親密な関係を築いたが、これも身分の違いから結婚にはいたらなかった。 この貴婦人は、後にフォン伯爵と結婚する。

 

ガレンベルクは、ベートーヴェンとは友好的な関係を保ち、公になりかけた情事が示すように、さらに親密な関係にあった。

ある晴れた日の夕方、ヴィーデン郊外の埃っぽい道を、一台の馬車が走っていく。 その中で、ガレンベルグ伯爵の叔父とその従姉妹のジュリー伯爵夫人が、自分の領地に車を走らせる。 馬は尻込みし、車は道から外れて下草に巻き込まれる。 幸い何事もなく、乗客は降りて、隣の森を少し散策した。 旅が続けば馬車屋が呼んでくれるだろう。 二人の青い血の紳士は、ある空き地に近づいて、目を疑った。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと 新婚のユリー・フォン・ギッチャルディは、芝生の上で毛布に寝そべって愛を育んでいます。

作曲家は姦通 罪で訴えられ、彼に好意的だった皇帝フランツ1世はこの不倫を知ることになる。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、当時とても人気がありました。 天皇はこれを知っていて、その行為を公式に消滅させた。 不倫は徐々に忘れ去られていった。 フランツ1世は、音楽家の副官に対し、女性との情事はウィーンの外で行うよう優しく伝えるように指示した。


タイムトラベルのヒント
ベートーヴェンのウィーンでの生活や仕事については、以下の場所で詳しく知ることができます。ウィーン・ベートーベン博物館 パスカラティハウス、ベートーベン博物館 ハイリゲンシュタット。

詳細はこちら
ベートーヴェン・パスカラティハウス : ウィーン・ミュージアム

 

 

 

 

 

この記事を共有する

その他の寄稿

Information on data protection
We use technologies such as cookies, LocalStorage, etc. to customize your browsing experience, to personalize content and ads, to provide social media features, and to analyze traffic to our website. We also share information about how our site is used with our social media, advertising and analytics partners. Our partners may combine this information with other data that you have provided to them or that you have collected as part of using the Services (incl. US providers). You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

data protection
This website uses cookies so that we can offer you the best possible user experience. You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

Strictly Necessary Cookies
Strictly Necessary Cookie should be enabled at all times so that we can save your preferences for cookie settings.

Marketing & Statistics
This website uses Google Analytics to collect anonymous information such as the number of visitors to the site and the most popular pages. Leave this cookie enabled helps us to improve our website.

Google Tag Manager
This is a tag management system. Using the Google Tag Manager, tags can be integrated centrally via a user interface. Tags are small pieces of code that represent activitiescan track. Script codes from other tools are integrated via the Google Tag Manager. The Tag Manager makes it possible to control when a specific tag is triggered.