フランツ・シューベルト -若き “不世出の “天才音楽家

Franz Schubert – das junge „verkannte“ Musikgenie

フランツ・シューベルトはどこで生まれ、何歳だったのか? 何のために死んだのか? 彼のメガネはどうしたんですか? 彼はどのように生き、何を後世に残したのか。 彼は誰の隣に埋葬されたかったのだろう?

1797年1月31 日、フランツ・ペーター・シューベルトは 、ヌースドルファー通り54番地(ヒンメルプフォルトグルンド)で日の目を見ました。 彼の生家は 現在でも見学することができ、4区のケッテンブリュッケンガッセにある彼の死の 家も見学することができる。 いずれもウィーン博物館が管理しています。

父親は 学校の校長で 5 歳のときにバイオリンを 習った。 リヒテンタール教区教会 オルガンのレッスンを 受ける。15歳の時、母親が亡くなり、父親が再婚した。 このため、シューベルトには約18人の兄弟姉妹がいた。

声がきれいだったので、少年合唱団に 行った。そこでアントニオ・サリエリから レッスンを 受け、ヨーゼフ・フォン・スパーン、アルベルト・シュタドラー アントン・ホルツァプフェルといった 長年の友人たちとも出会った。彼の才能は 、すぐに明らかになったように、作曲にあった

父親のために、最初は学校のアシスタントとして働き始めたが、すぐに自分の方向性とは違うことに気づいた。 彼は、例えば「Gretchen am Spinnrad」、「Spinnrad 」などを好んで作曲した。

Heideröslein ” または “Erlkönig“です。

父親はあまり親身になって くれず、シューベルトの友人たちが家族になって いった。早くから家を出て、いつもシェアフラットに住んでいた。 彼は一人でいるのが苦手だった。 特にフランツ・フォン・ショーバーとは 親交を深めた。 彼は音楽で自分の夢の世界を作り上げる。

クペルヴィーサー兄弟や モーリッツ・フォン・シュビントなど 、彼の交友関係は どんどん広がっていった。音楽一家であるゾンライトナー 家は、彼の名誉のために音楽の集いを 企画し、1821年以降、今日まで知られているシューベルティアーデに結実 した。

シューベルトは酒に溺れ、肥大化 し、健康に悪い影響を及ぼしがちだった。 性病である梅毒を 患い、1823年にAKHで潰瘍の治療を受けた。

1824 年には、有名な歌曲集「ニーベルングの娘」の作曲に成功した。 シューベルトの特異性の ひとつに眼鏡が ある。作曲のために常に手元に置いておきたいと、夜寝るときも眼鏡を 外さなかったと言われている。

フランツ・シューベルトは 1829年11月19 日、ケッテンブリュッケンガッセの弟フェルディナンドの家で亡くなった。 死者の館は現在も見学することができる。 梅毒にかかったが、死因は腸チフス であろう。

フランツ・シューベルトはまだ31 歳で、その短い期間に非常に多くの作品を残している。 600曲以上の歌曲、合唱曲、序曲、交響曲を残した。 彼は自分自身について「この世に生まれてきたのは作曲するためだけで、それ以外のことは何もしていない」と語っている。

 

ベートーベン、ハイドン、モーツァルト と比べると、シューベルトは誤解された天才と思われがちです。 交響曲やオペラでインパクトを与えることができなかったのは、彼が宣伝活動をしなかったからだ。 友人たちに説得され、1827年にコンサートを開き、大成功を収めた。 彼の代表作は、詩を音楽にした600曲。

ベートーベンを尊敬 していた彼は、彼の隣に埋葬されることを切望していた。 両者は最初ヴェーリンガー墓地に 埋葬され、後にウィーン中央墓地で両者は隣同士に名誉の墓を与えられた。

市立公園には シューベルトの記念 碑があります。モーリッツ・フォン・シュヴィントは、国立オペラ 座にシューベルトのリュネットを 制作 した。1区のシューベルトリング、9区のシューベルトガッセ、14区のフランツ・シューベルトガッセは、彼の名前にちなんで名づけられた。

タイムトラベルのヒント: フランツ・シューベルトの生家(Nußdorfer Straße 54)や没後の住居(Kettenbrückengasse 6)を訪ねると、彼の人生についてより深く知ることができます。 毎月第1日曜日は入場無料です。

詳細はこちらシューベルト生誕地:ウィーン・ミュージアム

 

 

 

この記事を共有する

その他の寄稿

Information on data protection
We use technologies such as cookies, LocalStorage, etc. to customize your browsing experience, to personalize content and ads, to provide social media features, and to analyze traffic to our website. We also share information about how our site is used with our social media, advertising and analytics partners. Our partners may combine this information with other data that you have provided to them or that you have collected as part of using the Services (incl. US providers). You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

data protection
This website uses cookies so that we can offer you the best possible user experience. You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

Strictly Necessary Cookies
Strictly Necessary Cookie should be enabled at all times so that we can save your preferences for cookie settings.

Marketing & Statistics
This website uses Google Analytics to collect anonymous information such as the number of visitors to the site and the most popular pages. Leave this cookie enabled helps us to improve our website.

Google Tag Manager
This is a tag management system. Using the Google Tag Manager, tags can be integrated centrally via a user interface. Tags are small pieces of code that represent activitiescan track. Script codes from other tools are integrated via the Google Tag Manager. The Tag Manager makes it possible to control when a specific tag is triggered.