シェーンブルン宮殿

Schloss Schönbrunn

ハプスブルク家の夏の離宮だったシェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿と市街地との距離は? 城を一番使ったのは誰ですか? ここでは、どのような歴史的な出来事があったのでしょうか。 ここで何が見えるか?

ハプスブルク 家は、夏の間 、市街地から地下鉄で25分ほどのところにあるシェーンブルン宮殿 で過ごした。エリザベート皇妃は ここに住み、バロック庭園を 何時間もかけて散策し、街を一望できるパノラマテラスグロリエット」まで行くのが好きだったそうです。

特に18世紀、16人の子供 (一番有名な娘はマリー・アントワネット)を持つ支配者マリア・テレジアは 、これを利用したのである。 のある城。 1,441室。 このうち45室ロココ調 大居室や小居室など 、現在も見学することができます。

シェーンブルン宮殿 は、ユネスコの世界遺産に登録されています。

1762年10月13 日、シェーンブルン宮殿の鏡の回 廊で、マリア・テレジアとフランツ1世シュテファン夫妻、12人の大公、大公夫人たちが、モーツァルトと その姉ナンネルのピアノとヴァイオリンの演奏 に耳を傾けた。自信に満ちた6歳のヴォルフガングは 、その演奏によって皆を魅了した。 宮廷作曲家クリストフ・ヴァーゲンザイルは、「あなたは本物の音楽家だ!」と認めました。

コンサートの後、モーツァルトの子供たちは大公や大公夫妻と遊び、鏡の回廊を駆け回ったという逸話がある。「ヴォルフェールは皇后の膝の上に飛び乗り、首筋を掴んで正当なキスをした」。 レオポルド・モーツァルトは、ザルツブルクの大家でパトロンのローレンツ・ハーゲナウアーに、「要するに、私たちは3時から6時まで彼女と一緒にいたのだ」と書いている。

皇室(マリア・テレジアとフランツ・シュテファンには11人の娘と5人の息子の16人の子供が いた)は、大ギャラリーや小ギャラリーで 大規模なレセプションや家族の祝宴を開いたのである。 大きなギャラリーは、今でも大きなイベントに使われています。


フルシチョフ

ケネディ
1961年、冷戦時代の軍縮交渉の過程で、この場所で出会った。 オーストリアは1995年にEUに加盟したことを記念して、シェーンブルン宮殿で祝宴を開いた。

シェーンブルン宮殿公園は 、それ自体がひとつの体験です。 特別なのは、18 世紀から変わらぬバロック様式の景観庭園 であること。 早朝から日没まで自由に出入りでき、ウォーキングや ランニングを 楽しむ地元の人々で賑わう。 また、オランジェリー、ルドルフ皇太子庭園 、迷路などの有料部分もあります。 パノラマ鉄道は 、運動が苦手な方でも、宮殿や庭園のあらゆる場所に行くことができます。

シェーンブルン宮殿のオランジェリーでは、ヴェルサイユ宮殿に次ぐ広さを誇り クラシックコンサートやコングレスなど 、さまざまなイベントが開催されています。モーツァルトとサリエリの 有名な音楽コンクールは 、すでにここで行われていたのだ。

子供 博物館は、小さな子供たちに一度だけ王子様とお姫様の気分と格好をさせてあげようと誘います。 また、シェーンブルン人形劇場 は子供たちに大人気です。小型

 

インサイダー情報:タイムトラベル・ウィーンのハプスブルク・ショーは、シェーンブルン宮殿の人形劇をモデルにしています。

近くのヴァーゲンブルクには 帝国時代の豪華な馬車が 展示されています。 また、シェーンブルン宮殿は 宿泊結婚 ハネムーンに 最適な場所です。 皇室 ならではの体験ができ、特にアジアのお客様には好評です。

シェーンブルン宮殿の色は シェーンブルンイエロー 」と呼ばれる特別な黄色で、この黄色が皇室と皇室の旗の 色を決定しています。それは

ハプスブルク家の歴史は、オーストリア・ハプスブルク王朝の栄華と広がりを象徴しています。 神聖ローマ帝国の色にはすでにこのような黄色があり、後にドイツ国旗の特徴にもなっている。 現在でも、モルダビアからクラクフにかけて、黄ばんだり剥がれたりしながらも、この塗料は公式の建造物に使われている。 このロックは 、これまでにも何度か色を変えており、すでに水色やピンク色になっていました。


タイムトラベルのヒント
オーストリアで最も多くの人が 訪れる シェーンブルン宮殿 は、早朝が最も空いている時間帯です。 長い待ち時間を避けるため、オンライン予約をお勧めします。 カフェ・レジデンツと ジャウゼン・ステーション・ランドマンは ウィーンで最も美味しいアップルストゥーデルのひとつを提供しています。

詳細:www.schoenbrunn.at

 

 

 

 

この記事を共有する

その他の寄稿

Information on data protection
We use technologies such as cookies, LocalStorage, etc. to customize your browsing experience, to personalize content and ads, to provide social media features, and to analyze traffic to our website. We also share information about how our site is used with our social media, advertising and analytics partners. Our partners may combine this information with other data that you have provided to them or that you have collected as part of using the Services (incl. US providers). You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

data protection
This website uses cookies so that we can offer you the best possible user experience. You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

Strictly Necessary Cookies
Strictly Necessary Cookie should be enabled at all times so that we can save your preferences for cookie settings.

Marketing & Statistics
This website uses Google Analytics to collect anonymous information such as the number of visitors to the site and the most popular pages. Leave this cookie enabled helps us to improve our website.

Google Tag Manager
This is a tag management system. Using the Google Tag Manager, tags can be integrated centrally via a user interface. Tags are small pieces of code that represent activitiescan track. Script codes from other tools are integrated via the Google Tag Manager. The Tag Manager makes it possible to control when a specific tag is triggered.