ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と名高いニューイヤー・コンサート

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、いつ、誰によって設立されたのですか? 毎年恒例のニューイヤーコンサートはどこで行われているのか、いつから存在するのか。

ウィーン・フィル は、1842年3月28 日、カペルマイスターのオットー・ニコライがレドゥーテンザールで「大演奏会 」を行ったときに誕生しました。 主催は “Sämmtliches Orchester Personal des k.k.”。宮廷歌劇場」。 それまで、市にはプロの音楽家で構成されるコンサートオーケストラはなかった。

当初は「フィルハーモニー・アカデミー」と呼ばれ、今日でも有効な「フィルハーモニー・イデア」のすべての原則が初めて実現されたのである。 最も重要な原則は、ウィーン国立歌劇場管弦楽団に従事しているアーティストだけが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーになれるということです。

1870/71年のシーズンから、オーケストラはウィーンの楽友協会ビルのゴールデン・ホ ールに移転したが、このホールは音響がよく、理想的な会場であることがわかった。 指揮者ハンス・リヒター(1883-1898年まで定期指揮者)のもとで、アントン・ブルックナー、ヨハネス・ブラームス、リヒャルト・ワーグナーと 共演し、高い名声を博した。

ヨハン・シュトラウス・ゾーンと ウィーン・フィルとの 最初の出会いは、1873年、シュトラウスがその年のオペラ舞踏会のために作曲したワルツ「Wiener Blut 」の初演をすぐにもたらしました。 これはGroßer Musikvereinssaalで 行われた。

シュトラウスと最後に会ったのは、1899年5月22日、ホーフオーパーで「こうもり」を指揮した時で、肺炎にかかり、2週間もしないうちにその影響で亡くなってしまった。

グスタフ・マーラーは 、1898年から1901年まで重要な定期演奏会の指揮者でも あり、国際的な客演を行った。 1922年には、ザルツブルク音楽祭の最初のオペラ公演で演奏した。

ウィーン・ニューイヤー・コンサートの起源は、オーストリアの歴史の中で暗黒の時代にまでさかのぼる。 フィルハーモニー管弦楽団は1939年の大晦日にコンサートを開き、その純益は国家社会主義者の資金調達キャンペーンKriegswinterhilfswerkに捧げられ、非常に両義的なものになりました。

1941年1月1日以降、このコンサートは、戦争のさなかにある「本物のウィーンの喜びの祭典」として理解されるようになった。 主にシュトラウス王朝に捧げられている。 ニューイヤーコンサートという名称になったのは、戦後になってからである。

現在でも、ワルツ「美しく青きドナウの流れに」と「ラデツキー行進曲」は、ニューイヤーコンサートの最後にアンコールとして演奏される。

ニューイヤーコンサートの指揮台には多くの名指揮者が立ち、最も長く25年間指揮をしたのはヴィリー・ボスコフスキー であった。 現在では、毎年ラインナップを変更しています。 このコンサートの模様は世界90カ国で放送され、約2,000枚のチケットは公正な抽選システムによって割り当てられます。

タイムトラベルのヒント 楽友協会黄金のホールでのガイドツアーやコンサートがおすすめです。

 

詳細はこちら楽友協会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を共有する

その他の寄稿

Information on data protection
We use technologies such as cookies, LocalStorage, etc. to customize your browsing experience, to personalize content and ads, to provide social media features, and to analyze traffic to our website. We also share information about how our site is used with our social media, advertising and analytics partners. Our partners may combine this information with other data that you have provided to them or that you have collected as part of using the Services (incl. US providers). You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

data protection
This website uses cookies so that we can offer you the best possible user experience. You can find more information about the use of your data in our data protection declaration.

Strictly Necessary Cookies
Strictly Necessary Cookie should be enabled at all times so that we can save your preferences for cookie settings.

Marketing & Statistics
This website uses Google Analytics to collect anonymous information such as the number of visitors to the site and the most popular pages. Leave this cookie enabled helps us to improve our website.

Google Tag Manager
This is a tag management system. Using the Google Tag Manager, tags can be integrated centrally via a user interface. Tags are small pieces of code that represent activitiescan track. Script codes from other tools are integrated via the Google Tag Manager. The Tag Manager makes it possible to control when a specific tag is triggered.